この時にこそ

2020年に発生したコロナ禍によって、いま日本のシステムを見直す動きが起きている。

今までは「社会があっての自分」という考え方が一般的だったが、今回のコロナ禍で ”根源的な思考の変化” が求められている。
つまり、自分の責任と覚悟のもとに本当の幸せを追求する機会が与えられているのである。

・自分の命とは
・自分の社会的存在とは
・自分にとって一番の幸せとは

我々は本質思考のもとで、「この国が決めたルール」や「人の幸せを阻む呪縛」から多くの人々を解放していきたい。

新着記事

アーカイブ

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテ...

archives

価値の転換点で事業者へのムーブメント形成

■小規模事業者の強み
・危機にしなやかに対応し、生存戦略を打ち立てやすい
・時代に即して自らの形をスピーディーに変えていける

今まで”惰性”や”意地”で続けてきたものや、
自分たちの思考や行動を縛っているものをもう一度見つめ直す

50㎝倶楽部の活動ポリシー

1. 小規模事業者の立ち位置、役割、可能性、将来性の変化を知らせる
2. 意識改革を実践につなげた先行ランナーとともにムーブメント形成
3. 時代の追い風を受ける小規模事業者だからこその強みの自覚を促す
4. 意識に乏しい事業者を救うための組織ではない

詳細はこちら

50㎝倶楽部のブランド戦略

アイデアフルで実行力のある小規模事業者を「イメージリーダー」とする。
時代の追い風を読み、自ら変わろうとする事業者たち、それを支援する関係官庁・キーパーソンと共に歩む。

経産省・中企庁との連携

我々は、国のまなざしや期待を小規模事業者に伝える役割を担っている。ならびに、小規模事業者が活動する上で、後押しをしてほしいポイントは国に伝えていく。

「国」と「小規模事業者」の間において、志ある小規模事業者の声を代弁するクッションの役割を果たす。また、円滑なコミュニケーションと変化への対応を橋渡しする。そして、両者の関係を活性化させるための施策や事業やイベントなどの提案を行っていく。

コロナ禍を逆手に取って、あらゆる再生・再構築の機会にする

再生・再構築すべきことは多岐にわたる
・働き方
・経営者
・従業員
・事業規模
・組織形態
・ビジネスモデル
・採用戦略
・人材の流動性
・外注
・アライアンス

廃業支援 ー コロナ禍を機会にドラスティックな転換

仕事と人生を自分らしく楽しむための廃業
しがらみ抜きに1人で始められる仕組みづくり
組織がシンプルなほど変化に強くなる
発展的廃業として全力で支援する

下剋上サミット 2020 in 東京

2/7(金)に開催し、下剋上を狙う小規模事業者たちの熱い交流が行われました。